施設概要

置賜総合文化センターとは、総合的な文化活動の拠点として、中央公民館、青年の家、 視聴覚センターの機能を持つ社会教育施設です。※市立米沢図書館は、市内中央一丁目の新文化複合施設への移転のため、平成28年2月末日を以って休館しました。

社会教育、学校教育の要求をふまえ、文教都市米沢のビジョンとして、昭和50年に設置されました。文化センターは、それぞれの機能はもちろん住民の広域的、広範囲の学習要求に対し、また専門的な立場から調査、研究、資料や情報の提供等が行える社会教育の指導拠点として、生涯教育・学習のできる総合的な機能もあわせもった施設です。 建設から20余年が経過し、老朽化に伴い平成10年度で大規模な改修を行いました。

平成22年度から指定管理者制度が導入され、株式会社エービーエムが管理運営を行うことになりました。

【所在地】
〒992-0012 米沢市金池3丁目1番14号
【構 造】
鉄骨鉄筋コンクリート造4階建
【敷地面積】
4,476.12㎡
【建築面積】
1,952.71㎡
【延面積】
6,490.3㎡
【総工費】
7億2,257万5千円
【竣工】
昭和50年5月31日
【開館】
昭和50年7月15日