未分類

【ご利用について】令和2年5月27日更新
置賜総合文化センターの利用にあたって、自粛をお願いしておりました一部の活動について、感染予防策の実施を前提として、6月1日(月)から制限を解除します。
当日の使用人数は、部屋の定員概2分の1程度です。ホール、青年の家の合宿は使用できません。
感染拡大防止のため、利用者名簿と感染予防対策が講じられているかを確認するチェックリストのご記入をお願いします。
使用当日に受付から「感染症対策チェックリスト」と「参加者名簿(氏名・連絡先)」の用紙をお渡しします。窓口に提出お願いします。

1 利用制限の解除
運動・スポーツ(例:ダンス、社交ダンス、健康体操、ヨガ、日本舞踊など)
※裸足で直接床や畳に触れないようヨガマットを使用する。
※身体的接触は避ける。
対面で行う活動(例:将棋 など)
※密接を防ぐため、アクリル板、透明シート、フェイスシールドなどの対策をする。
発声や呼気を伴う活動(例:合唱、詩吟、吹奏楽、オカリナ 、ケーナ、演劇練習など )
※少人数で行い、対面は避ける。
※歌唱や演奏する以外はマスクを着用し、マスクをしていない間は、周囲の人と少なくても2mをあけ、接触や会話を避ける。
※演奏する場合は各自マットやシートを敷き飛沫感染予防をお願いします。
飲食を伴うもの
※水分補給以外の飲食を極力控える。どうしても必要な場合は、対面や会話をしながらの飲食を回避し、できるだけ短時間で済ませる。
※調理が伴う場合は、必ずマスクを着用し、会話を避ける。調理後の試食を避け、持ち帰りができないか検討する。

2 利用者の皆様へ
以下のことを守って、ご利用ください。

◆咳やくしゃみ、発熱などの感冒症状がある場合は、ご利用をご遠慮ください。
◆原則マスク着用、手指消毒、こまめな手洗いをお願いします。
※ただし、気温が高い日や運動を伴う活動では、マスク着用による熱中症にも十分ご注意ください。
◆三つの密(密閉・密集・密接)を避けてください。
◆その他(お茶道具、ポット、やかんの貸出しはいたしません)

【5月31日までのご利用について】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年5月13日(水)まで休館でしたが、 令和2年5月14日(木)から条件付きで貸し室の利用が可能です。
※ただし、感染のリスクが高いと判断される活動(多人数での合唱等『三密』に相当するもの)は、施設の利用をお断りする場合があります。

◎ご使用は県内在住者のみです。
◎使用者の中に過去2週間以内に特定警戒都道府県から帰ってきた方は使用できません。
◎咳やくしゃみ、発熱、感冒のある方は利用できません。
◎運動全般、マスクを着用して行うことが困難な活動は使用できません。
◎調理や飲食を伴う活動はできません。
◎必ずマスクの着用をすること。
◎正面玄関に置いてある消毒液で手指の消毒を行う。手洗いを行うこと。
◎3密を避けてご利用ください。
◎換気をこまめに行う。
◎施設内では、できる限り2m(最低1m)の身体的距離をとる。
◎貸室使用人数は定員の半分以下とする。
◎近距離での会話や大声の発声を控える。
◎正面に向かい合わない席の工夫をする。
◎鼻をかんだティシュなどはビニール袋などに入れ密閉すること。
◎ごみはお持ち帰りください。

ホール催事、青年の家合宿は利用できません。
密接するもの、室内で大きな声を出すこと、呼吸が激しくなる運動は使用を禁止します。
(例)ダンス、社交ダンス、合唱、劇団練習など
運動全般、マスクを着用して行うことが困難なものは利用を禁止します。
(例)ダンス、社交ダンス、合唱、吹奏楽、オカリナ、ケーナ、健康体操、ヨガ、詩吟、謡い、日本舞踊など
対面で行うものについては活動の自粛をお願いします。
(例)将棋など
調理や飲食を伴う活動はしないでください。
(例)料理教室、芋煮会交流会、反省会など

感染拡大防止にむけて、みなさまのご協力をお願いいたします。

このたび、令和元年10月の消費税率改定に合わせ、10月1日から各室の使用料及び冷暖房料を下表のとおり時間単位の料金に改定させていただきますので、ご理解のうえ御協力をお願いいたします。(展示室、青年の家宿泊は除きます)
なお、改定後の料金は10月1日以降に納入される使用料及び冷暖房料に適用となりますので、使用日が10月1日以降であっても、料金を9月30日までに納入する場合には改定前の料金のままとなりますので御注意ください。

鍵の貸し出し
使用時間の範囲は「入室(鍵の貸出)」から「退室(鍵の返却)までとなります。利用者が行う会場の準備や後片付けも使用時間に含まれます。使用時間を超過した場合は追加で使用料を徴収することになります。

冷暖房料
原則として貸室の使用時間と同時間(1時間単位)とします。冷暖房料についても申請時間を超過した場合は追加料金を徴収することになります。

※申請時間より実際の使用時間が短くなった場合でも、前納していただいた使用料金等は返納ができませんので、ご了承ください。

使用料金改定こちらをクリックお願いします。