置賜総合文化センターの利用について

令和2年9月23日更新
日頃、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、ご理解ご協力をいただきありがとうございます。
9月19日から11月末まで、人数制限を緩和します。感染拡大状況によっては、再び利用制限をすることになりますので、予めご了承ください。
余裕をもった予約をおすすめします。青年の家の宿泊研修は当面の間、使用できません。

感染拡大防止のため、利用者名簿と感染予防対策が講じられているかを確認するチェックリストのご記入をお願いします。
使用当日に受付から「感染症対策チェックリスト」と「参加者名簿(氏名・連絡先)」の用紙をお渡しします。窓口に提出お願いします。
見直し内容等については下記のとおりですのでご確認お願いします。

基本事項について
【使用にあたっての遵守事項】
・定期的(30分に1回、1回10分間程度)に換気を行ってください。
・大声での歓声や声援等や身体的接触のある活動を行わないでください。
・利用者に咳やくしゃみ、発熱などの症状がある人は利用できません。
・施設内では必ずマスクを着用してください。
・施設の使用前と使用後に手洗い又はアルコール消毒液で手指の消毒を行ってください。
・正面玄関にある検温機で体温を測定してから、設置している消毒液をお使いください。
・活動に参加する方の氏名と連絡先の把握ができている。※参加者名簿の写しを必ず添付してください。(任意様式可)
・使用前と使用後に使用箇所や使用道具の清掃及び消毒を行ってください。
・ゴミは持ち帰ってください。
・器具等は施設からの借用を避け、できるだけ利用する方が持ち込みをお願いします。
・お茶道具、ポット、やかん、台ふき、布巾の貸出しはいたしません。

個別事項について
【使用にあたっての遵守事項】
◆運動 (ダンス、体操、ヨガ等)
・運動を行う上で支障がある場合を除き、できるだけマスクを着用してください。
・マスクを着用していない間は、周囲の人となるべく距離(少なくとも1m)を空け、接触を避けてください。
・着替える際は三密とならないよう十分注意してください。
・ヨガなど裸足で直接床や畳に触れることを避けるため、ヨガマット等を使用してください。
・ダンスは 身体的接触は避け、個人練習などに限定すること。
◆対面で行うもの (将棋、囲碁など)
・マスクもしくはフェイスシールドを着用するか、アクリル板や透明シートなどの策を講じること。
◆発声や呼気を主とするもの (合唱、詩吟、吹奏楽など)
・少人数で行い、対面での活動を避けてください。
・歌唱する人は、マスクもしくはフェイスシールド等を着用してください。
・周囲の人となるべく距離(少なくとも1m)を空け、接触や会話を避けてください。
・窓を開けるか、頻回に換気をすること。
・演奏する場合はマットやシートなどを敷き、飛沫感染を予防すること。
◆飲食や調理を伴うもの
・周囲の人となるべく距離(少なくとも1m)を空け、対面や会話をしながらの飲食を回避し、できるだけ短時間で済ませること。
(使用時間は最長2時間(準備及び片付けを除きます)
・調理が伴う場合は必ずマスクを着用し、会話を避けること。できるだけ使い捨ての物を使用してください。
(ふきんではなくキッチンペーパーを使用するなど)

【施設個別事項】
・机、椅子を移動した場合は、使用前の状態に戻してください。
・ロビーでは、水分補給以外は禁止です。食事はできません。
◆ホール使用について
・1時間毎に換気(10分程度)行ってください。
・楽器演奏や合唱の練習はステージ以外使用できません。

感染拡大防止にむけて、みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。