置賜総合文化センターとは、総合的な文化活動の拠点として、中央公民館、青年の家、視聴覚センターの機能を持つ社会教育施設です。

社会教育、学校教育の要求をふまえ、文教都市米沢のビジョンとして、複合施設置賜総合文化センターが昭和50年に設置されました。文化センターは、それぞれの機能はもちろん住民の広域的、広範囲の学習要求に対し、また専門的な立場から調査、研究、資料や情報の提供等が行える社会教育の指導拠点として、生涯教育・学習のできる総合的な機能もあわせもった施設です。

置賜総合文化センターの利用について

【ご利用について】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、令和2年5月13日(水)まで休館でしたが、 令和2年5月14日(木)から条件付きで貸し室の利用が可能です。
※ただし、感染のリスクが高いと判断される活動(多人数での合唱等『三密』に相当するもの)は、施設の利用をお断りする場合があります。

◎ご使用は県内在住者のみです。
◎使用者の中に過去2週間以内に特定警戒都道府県から帰ってきた方は使用できません。
◎咳やくしゃみ、発熱、感冒のある方は利用できません。
◎運動全般、マスクを着用して行うことが困難な活動は使用できません。
◎調理や飲食を伴う活動はできません。
◎必ずマスクの着用をすること。
◎正面玄関に置いてある消毒液で手指の消毒を行う。手洗いを行うこと。
◎3密を避けてご利用ください。
◎換気をこまめに行う。
◎施設内では、できる限り2m(最低1m)の身体的距離をとる。
◎貸室使用人数は定員の半分以下とする。
◎近距離での会話や大声の発声を控える。
◎正面に向かい合わない席の工夫をする。
◎鼻をかんだティシュなどはビニール袋などに入れ密閉すること。
◎ごみはお持ち帰りください。

ホール催事、青年の家合宿は利用できません。
密接するもの、室内で大きな声を出すこと、呼吸が激しくなる運動は使用を禁止します。
(例)ダンス、社交ダンス、合唱、劇団練習など
運動全般、マスクを着用して行うことが困難なものは利用を禁止します。
(例)ダンス、社交ダンス、合唱、吹奏楽、オカリナ、ケーナ、健康体操、ヨガ、詩吟、謡い、日本舞踊など
対面で行うものについては活動の自粛をお願いします。
(例)将棋など
調理や飲食を伴う活動はしないでください。
(例)料理教室、芋煮会交流会、反省会など

感染拡大防止にむけて、みなさまのご協力をお願いいたします。

学習室のご利用について

5月14日より2階学習室をご利用できます。
ご利用される方は、1階受付より学習室利用番号カードを受け取り、机に下げてください。
窓口にて利用者カードのご記入をお願いいたします。
お帰りになるときは、学習室利用者カードを受付に返却お願いします。

ご利用の日時は以下の通りです。

 月曜日~金曜日 9時~18時

 土・日・祝日  9時~17時

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、必ずマスクの着用をお願いします。
 
3密を避けるため、席数を制限しております。
 何卒ご理解ご協力をお願いいたします。
 
(12月29日から翌年1月3日まではお休みです)

令和2年度の減免申請は随時受付中です

令和2年度の減免申請の受付を随時受付中です。
申請書は受付窓口でお渡しとお預かりが可能です。
なお、結果の通知までは1週間から10日ほどかかる場合があります。余裕を持ってお申込下さい。

地図 ※クリックするとGoogleMapを表示します。

JR米沢駅より約2km
市街地循環バス バス停:文化センター南
右回り(駅方面)・左回り(市役所方面)
駐車場:普通車57台

施設利用状況
置賜総合文化センター各施設のご利用予約状況をご確認いただけます。
ご利用希望日をクリックして下さい。
利用状況は随時変わります。利用を希望される方は、必ずお電話にてご確認下さい。
  翌月へ >>